エージェントや斡旋業者って本当に必用?

ニュージーランドへ留学・ワーキングホリデー・ロングステイを検討中の方々へ


皆さんの中に「留学エージェント」「斡旋業者」といった類の業者を使おうかどうか、検討中の方はいらっしゃいませんか?手数料を支払って現地のビザや学校手配・ホームステイ手配・航空券や保険の手配をしてもらう業者さんのことです。規模の大小にかかわらず、最近特に増えてきています。

さて、そんな皆さんに是非とも見ていただきたいサイトがあるんです。まずはご覧下さい。このサイトには、そういった業者の実態が記されています。

留学・研修・サポート商品の裏側(こちらをクリックしてご覧下さい)
(ちょっと文字が多いですが、頑張って読んでみて下さい。^^)


こういった業者の実態は巧みな宣伝広告の裏に隠され、あまり目立たないことも事実です。実は以前にニュージーランドで一番アクセス数の多い日本語情報サイト(ニュージーに住んでいる人、興味のある人はたいていご存知のサイトです。わたしは「大好き」ではありませんが・・・)の掲示板に、上記サイトを見てください、と書き込みをしました。これから来られる人たちに、そういった業者の実態を知ってほしかったからです。でも書き込んで5分で削除されてしまいました…。


管理人からのメールには「多くのエージェントや業者が当サイトのスポンサーになっています。情報発信の方法を考えてください」とのことでした。「だったら、自分で情報を発信していこう」・・・それが、このブログを始めたきっかけです。



もちろん全てが「悪徳業者」というわけではないでしょう。でもちょっと考えてみてください。もし都心に事務所をかまえて、広告を出して、人も雇って・・・となると、業者も大変な費用がかかりますよね。その費用をお客である「あなた」から回収する必要があるのです。なのでこういった業者の多くは下記のような特徴があります。

1.申し込み時にまず数万円の手数料を支払う必要がある。
2.営業担当者にはノルマが課せられ、しつこいくらい電話をかけてくる。



上記1・2に該当する業者は、絶対に利用するべきではありません。
「本人が納得すれば、いいんじゃないの?」という意見もあるかもしれません。ただ私はこちらへ移住して過去4年半の間いろいろな語学留学生とお話する機会があったのですが、こういったエージェントを使われた皆さんの意見は一様に「やられた」「だまされた」「知らなかった」でした。(因みに私はエージェントでも斡旋業者でもありませんので、念のため (^^)

この問題の難しいところは、申し込んだ時点では「とりあえずお金さえ払っておけば、全部やってくれるから便利かも」と思われるかもしれませんが、現地へ来て周りの友人と話をしているうちに、それが初めて「高い買い物だった」ことに気づくことです。またそういった業者にかぎって、当地に入ってから「特に何もしてくれない」という傾向が強いようです。


私がお話を伺った方は「1週間のホームステイ代とサポート代と称して、24万円払ってしまった」「申し込み時に、夫婦で16万円の申し込み料を支払わされた」「学校の申し込みには保険が必要だったが、保険料の高いものを勧められ入らされた」「その割にニュージーランドへ入国後、全く連絡がない」と文句のオンパレードでした。

ではどうすればいいの?ということになりますが、下記の2点を肝に命じてください。

1.基本的に「自分でできることは、自分でする」

これだけインターネットが普及していますから、たいていの情報は自分で入手できます。現地の語学学校の情報にしても同様です。「でも英語が出来ないし・・・」大丈夫、最近は多くの語学学校に「日本人カウンセラー」が常駐していますので、そういった人たちにメールで問い合わせや申し込みも日本語で可能です。

ビザの情報も検索すればかなり出てきますし、航空チケットは格安チケットを自分で手配、滞在先も語学学校にホームステイ先を紹介してもらえればそれで終わりです。なにも難しいことはありません。

2.「無料エージェント」を利用する

原則自分で手配を・・・とはいっても、じゃあどこの語学学校がいいの?ネットではわからない生情報が欲しい、ということもあるでしょう。そういう場合はあなたから手数料を取らない「無料エージェント」を利用しましょう。

これらのエージェントは語学学校の情報、あるいはビザ情報等も大抵のところは無料で提供してくれますし、大半がニュージーランド「現地」に拠点を構えています。なので情報が新鮮ですし、現地に入ってからもなにかと相談に乗ってくれる場合が多いです。また経費を抑えて運営している場合が多いので、しつこく勧誘されることもありません。では彼らはボランティアでやってくれるの?残念ながらそれほどお人よしでもないです(笑)。語学学校への申し込みを斡旋・代行してくれるかわりに、申し込んだ「語学学校」からキックバック(手数料)を受け取るんです。なのであなたからは一切手数料を取りません。(一部の有料サービスは除きます)


ところで前出の無料ではない「悪徳業者」(?)ですが、かれらはこの語学学校からの「キックバック」も受け取っています。そのうえでさらに、あなたから手数料をまきあげようとしているんです。この事実、どう思います?私には「ぼったくり」だと思えますが・・・。

また無料エージェントの多くは、ネットを中心とした「地味な?」営業活動をしています。残念ながら日本の大手「ぼったくり業者」のように大きく広告を出すこともありませんので意外とその存在すら知られていない場合が多いです。ただその分経費を抑えているから、無料サービスが提供できているんだと思います。

因みにその語学学校からのキックバックって、いったいどれくらいなんでしょう?「留学・研修・サポート商品の裏側」にも書かれていますが、ニュージーランドの場合、多くは支払い授業料の20%です。(あっ、書いちゃった・・・。エージェントの皆さん、ごめんなさいね。)結構な金額ですよね。

これら無料エージェントは、検索してもらえればたくさん出てくると思います。あえて個別の業者紹介はここではしません。ただ知り合いの信用できる無料エージェントは何人かいますので、もしご要望があればこのブログでも後日紹介していきたいと考えています。(2006年9月、友人の無料エージェントをリンク集に入れました。)

留学やワーキングホリデー、ロングステイのポイントは2点。

1.基本的に「自分でできることは、自分でする」


2.「無料エージェント」を利用する


この2点を常に意識しながら、準備を進めて下さい。そしてこのことが、私がこのブログを通じて一番お伝えしたいことなのです。

追記です。:もしまわりのお友達で、ニュージーランドに限らずオーストラリア・カナダ・イギリス等の語学学校へ行く予定の方がいたら、「現地に無料のエージェントがあるかもしれないよ!」と一言かけてあげて、その存在だけでも教えてあげて下さい。そしてその人が自分で調べれば、必ず何か見つけることができると思います。

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : ニュージーランド オークランド ワーキングホリデー 永住 留学 生活 旅行 ドル キャンプ

次のターゲットは、シニア・富裕層

さて別コラムでエージェントや斡旋業者の実態について述べましたが、最近その業者にちょっとした変化が現れています。いま日本全体でそういう傾向があるのかもしれませんが、従来比較的若い年齢層の「語学留学、ワーキングホリデー」をターゲットとしていたのが、いわゆる「団塊世代の大量退職」を目前に徐々に「シニア・富裕層」へとシフトしつつあります。

理由としては、エージェントや業者の数が増えすぎて競争が激しくなってきたことと、団塊世代の大量退職を商売のタネにしたいという思惑からでしょう。またシニア・富裕層は資金的にも潤沢で英語や海外生活に対して不安を抱えている人も多いため、不安を軽減できるのであれば出費を惜しまないという傾向もあるように思えます。

私はシニア層の方々に関しては、有料のサービスを受けることも一つの選択肢だと思っています。(ほとんど英会話が出来ない方や、いままで海外旅行さえあまりしたことがない方々もいらっしゃるでしょう。)ただその際、よくエージェントや業者、それからサービスの内容を吟味してください。多くの広告を見る限り、必要以上に不安をあおる内容が多いのではと思うからです。

続きを読む

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : ニュージーランド オークランド ワーキングホリデー 永住 留学 生活 旅行 ドル 航空

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク