新しいBBQグリル


2-3年使っていたBBQグリルがお釈迦となってしまい、先日の粗大ゴミで捨てる羽目になってしまった。ガレージセールで買ったものだったが、使用頻度が高くとても気に入っていた。ただバーナー部分が割れてきてしまい炎の出方がおかしくなってきたので、さすがにもう寿命とあきらめた。


 早速新しいグリルを探すことになったが、我が家のBBQグリルには2つ条件があり、それを満たすものを探さないといけない。


条件1:セラミックやLava Rockを置くラック付の網焼きタイプ
我が家ではいろいろなものを焼くが、結構頻度が高いものに「串焼き系」のものがある。とくに焼き鳥は子供と一緒に串に刺して焼いたりして、我が家の人気メニューの一つだ。この焼き鳥は、やっぱり鉄板系のグリルではダメ。網になっていて、しかもガスの直火ではなく、セラミックやLava Rock(溶岩石みたいなもの)を間に挟んでじっくり焼かないと、表面がすぐ焦げてしまう。逆に鉄板じゃないとできない料理もあるが(焼きそばとか)、それは仕方がない。


条件2:ハイエースの後部にそのまま乗せられる大きさ
ポンコツ号でそのままさくっと持ち出せて、「どこでもBBQ」態勢である必要がある(とくに夏場は)。したがって幅100センチ、奥行き50センチ程度の大きさじゃないといけない。


上記2点を満たし、なお且つ低価格であれば言うことはない。しかし果たして見つかるかな・・・。


 とりあえず困ったときのTrade meだ。中古も含めて探したが、どれもどデカイサイズばかり。なかなかいいものがない。


 あきらめかけていた時、一つだけTrade meの中でよさげなものを発見。うーん、ただ実際に大きさとかを見てみないと、なんとも判断がつかないな。そのグリルに関して徹底的にググって、なんとか販売店を発見した。


Shortcut Trading Ltd.
(すでに倒産してしまいました。)


見てもらえれば判るが、いろいろなものを新品の割りに結構安く売っている。私が気になっていたグリルはこれ。




幅が52センチ・・・かなり微妙。できたら店に行って、ハイエースに入るかどうか試させてもらえないかな・・・・。


そう思ったら、もうじっとして入られない。会社から昼休みにノースショアからEast Tamakiまで片道30分、ポンコツ号をとばして行ってみることに。


店に入る前からある程度想像していたが、値段の安さはおそらく中国からの輸入製品だろう。案の定店に入ると、店員は全員中国系。話を聞くと、製品全て中国からの輸入だそうだ。やっぱり・・・。でもまあ食べ物ではないので、私はあまり気にしない。


試しにポンコツ号に乗せてみていい?と聞くと、とても愛想よく「いいよ、やってみて」と言ってくれて、おまけに運ぶのも手伝ってくれた。外にガラガラ持ち出して、いざハイエースの後部に・・・


驚いた!まるでハイエースの為に作られたようなグリルだ。ピッタリ収まってきちんとドアも閉まる。往復1時間かけて来た甲斐があったぞ。


直接店まで来てくれたから、と値段も10ドル引いてくれた。このタイプのグリルで$139は絶対お買い得だ。(正確には長く使ってみないとわかんないけど、とりあえず現時点では・・・)


これを利用して、初回はベーコンを作ってみようと思います。次回レポートを乞うご期待!(って料理サイトみたい・・・)

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク