秋の週末


 先週の土曜日は、長老宅で開催される定例のマージャン大会。5時くらいから半荘を3回、食事をはさんで12時近くまで遊ぶことになる。いつもながら場所や大変な準備を引き受けてくれる長老と奥様には大感謝だ。基本的に1品持ち寄りとなるのだが、いつもご馳走で目移りしてしまう。



今日は長老の奥方様がサーモンの握りを用意してくれた。マージャンも楽しみだが、もちろんこの食事タイムも皆のお目当てである。


さて肝心のマージャンはというと、今回はあまりツキがなかった。2回目の半荘でハコ近くまで凹んだが、倍満を上がってなんとか盛り返したのがやっと。総合で少しマイナスのままで12時を過ぎ、お開き。皆さん、お疲れ様でした。





 翌日曜日、早起きはさすがにできず寝坊してしまった。そのまま昼過ぎまでずるずる・・・。でも夕方から出かける用事を思い出した。昼ご飯を済ませて時計を見ると2時だ。天気も悪くはなかったので息子と一緒にふただびカヤックで、1時間1本勝負の"漁"に出かけることにした。


ビーチからパドルを漕いで15分、いつものポイント。早速を糸をたらしたが、アタリがない。10分ほど、沈黙のまま。「釣れないよ」とボヤく息子。


と思ったら、2つの竿にほぼ同時にアタリが来た。巻いてみると25センチくらいの良型の鯵だ。群が回ってきたらしい。その後も次々と。いい調子だ。


しばらくすると群は去ってしまったのか、パタッとアタリがなくなった。と思ったら風が急に強くなり、小雨が降ってきた。「あと5分で帰るよ」息子に言って帰りじたくを始めたとたん、息子の竿が大きくしなった。


引きに合わせてドラグの糸が出ていく。これは27センチ以上は期待できそうだ。リールを巻いていくと水面近くにピンク色の大きな魚体がゆらり・・・やっとのことで釣り上げたのは、30センチ弱の鯛。お見事!


オヤジ、またしても敗れる・・・。



というわけで、今日の釣果。




鯵13匹と、鯵に隠れた鯛1枚。しかも今日の鯵は、型が大きいぞ。





鯛を釣った本人のリクエストは、「頭がついた刺身、作って」。彼は「尾頭付き」という言葉を知らない。


で、翌日・・・




こんな感じで、いかがっしょ。





さすがに料亭の尾頭付きとはずいぶんちがうけど・・・。でも鯵の刺身もてんこ盛りだし、まあ贅沢を言ったらきりがない。




天候が安定してくれたら、寒くなる前にもう少しは釣りも楽しめそうだ。有意義な週末を過ごそう。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク