海外で見る日本のテレビ(トラブル復旧編)

前回コラムで日本のテレビ番組をダウンロードしていることを書きました。

 ところが・・・・ついに日本の実家のPC(TVサーバー)のソフトが動かなくなってしまいました。(ここから先は、PCに詳しくない方はちょっとわからない点も多いかもしれませんが、ご容赦ください。)


 実家のPCにこんなメッセージが・・・。



(この画面はNZからリモートデスクトップ経由で見た実家のPCの画面。こんなこと自体出来るというのも、すごい時代になったなー。)




 画像が見難いんですが、「エンコーダが致命的なエラーを返しました」とでます。VBRなんて使ってないのに・・・。何回やってもエンコードしなくなってしまい、これで頼りにしていたソフト「TVサーバー」が使えなくなってしまいました。まあ理由は明確で、明らかにスペック不足です。Celeron 1.7Gではちょとしんどいようで、それとあとは相性もあるでしょう。事実、以下に紹介するPCastはどうにか動いています。(多分ギリギリのところで・・・。)


なんとか他のソリューションを考えないと・・ということでNZからリモートで実家のPCをいじくりながら、修繕を試みました。調べていたらキャプチャーカードを取り付けたときについでにインストールした「PCast」っていうソフトが入っていた。これの設定を変更したら、なんとか録画はできるようになりました。うん、少しは光明を見出した気分。


ところでいかれてしまった「TV Server」っていうソフトはとても優れもので、エンコード・録画・リアルタイムのストリーミングが可能、おまけに録画したものをダウンロードする専用ソフト、リアルタイム視聴用の専用ソフトも無料で提供してくれる。設定はすべて自分でしなければならないけど、これで1,200円というのは格安だと思います。設定済みのパソコンの販売や出張取り付けもやっているそうなので、ご興味のある方はどうぞ。(スターストーンソフト社サイト)


さらにこのソフトの偉いところは、dyndns.com を通じてDynamic DNSと自動的に同期をとってくれる設定ができるところです。NZから実家のPCにアクセスするためには、IPアドレスを指定してやる必要があります。このIPアドレスが「固定」であれば問題はないのですが、通常はプロバイダーが一時的に「貸し出す」グローバルIPです。ところがPCの電源が落ちたり再起動をかけると、このIPアドレスは変わってしまいます。その場合通常はIPアドレスの変更設定をしたりDynamic DNSの転送先を変更してやる必要がありますが、TV ServerにDynDNSのID・パスワード・アドレスを入力しておくと自動的に同期をとってくれます。(同じようなことをルーターの設定で出来るものもあるらしいのですが、知識不足で私はわかりませんでした・・・。)従ってDynDNSで取得したアドレス(たとえばhttp://tvjapan.dyndns.comとか)を指定してやれば、いつでも実家のPCにアクセスが可能なわけです。(リモートデスクトップのアドレス指定も同じアドレスでOKです。)


さて、とりあえず録画は可能になりました。あとはダウンロードとリアルタイム視聴です。


ダウンローダー・・・こいつには手こずりました。フリーのダウンローダーを探していましたが、一番人気のありそうな Irvine というソフトは、多機能すぎて訳がわからない・・・。少なくとも40代向けのソフトではなさそうです。おまけにどうやっても「リンクのダウンロード」の設定ができません。


次に仕入れたのが Free Download Manager(FDM) というソフト。これは比較的シンプルで、なんとか必要条件は満たしてくれました。タイマー予約も出来ますし・・・。ただ致命的な欠点がひとつ。基本的に英語のソフトなので(日本語のパッチはあります)、ファイル名が日本語だと読み込まないんですね。


録画の際に通常は番組名をファイル名にする設定にしていますが、残念ながらこれではFDMは読み込んでくれません。したがって録画の設定を変更して、ファイル名は03232000とかの数字の羅列とせざるを得ず、これですと何の番組かさっぱりわからん・・・という現象が起こってしまいます。したがってダウンロードした後、ファイル名を手動で番組名に変換することにしました。(面倒くさいです・・・。)


時間はかかりましたが、なんとか録画・ダウンロードについては別ソフトでリカバリーができました。(しかもNZからリモートで。我ながらよくできた・・・。)しかし改めて「TV Server」というソフトの偉大さを思い知らされました。上記の事とリアルタイム視聴の全てを、たった1,200円でやってくれるんですから。


あとはリアルタイム視聴。何日かかけてこのソフトは探してみましたが、うまく動いてくれるのを未だに発見できずにいます。試したソフトはip-TV、Clipstream、WMエンコーダーのブロードキャスト等々・・・すべて様々なエラーメッセージと共に動いてくれません。あまり設定を触りすぎると録画のほうに悪影響があるといけないので、今ひとつ突っ込んだ設定を控えています。といっても、リアルタイムで日本のテレビって見たい?と聞かれると・・・。ほとんど必用ないですけどね・・・。回線スピードは遅いし。ついでに言いますと、録画したものだって1日1時間の番組を1つ見るか見ないかのペース。あまり活用していないなー。リアルタイム視聴については引き続き機会があればトライしていきたいと考えています。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

私もVBRなんて使ってないのに同じエラーが。
解決したのでそのメモを残します

私の場合、原因はTVサーバーが動いているパソコンにリモートデスクトップで接続し、
その際、音をこのコンピュータで聞くという設定で接続していたためでした。
この場合エンコーダーが使用するべきサウンドデバイスを見つけられないためエラーを起こしていたらしいです。
なので音の再生の設定をリモートコンピュータで再生するにして接続するとエラーが出なくなりました

有難うございました

hirさん
 貴重なアドバイス、有難うございました。言われたとおり接続して、エンコードしてみたところあら不思議、ちゃんとエンコードができてリアルタイム視聴ができるようになっているではありませんか!これで懸案事項がひとつ解決しました!有難うございます!

 ただ以前の症状ですと、予約録画をかけていたときにこのメッセージが出てきたんです。それに色合いはPCキャストの方が自然な感じがするので、録画はPCキャスト・ストリーミングはTVサーバーで当面は行こうかと思います。

 いずれにせよ、アドバイス有難うございました。hirさんも海外にお住まいですか?それではまた・・・。

jayjays
プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク