NZで一番美味しかった料理




「今までNZで食べたものの中で、一番美味しかったものって、

なんですか?」






先日知人にそう聞かれて、返答に困ってしまった。

私はほとんど外食をしないので、どこの、どういう料理が

美味しかったという話がほとんど出来ない。

対象にならないかもしれないけど、

自分で釣ったシマアジ(Trevally)の刺身を初めて食べたときに

感動した程度で、ここのレストランのこの料理、っていう

記憶がほとんどない・・・













ん、待てよ・・・そういえば・・・















あった!たった一つだけ。感動的に美味しかった料理が。











そのレストランは、オークランドからフェリーで30分程度で着く

Waiheke島にある。そのレストランがここ。









Mudbrick Vineyard
http://www.mudbrick.co.nz/


ここはワイナリー併設のレストランで、島内では1・2を争う

有名店だ。値段もそれなりに高い。

何故こんな高級レストランに行ったことがあるのか・・・

実は定職を持つ前、アルバイトで行かせてもらったのだ。








2年以上前になるが、ある旅行代理店で

「運転手兼荷物持ち」のようなアルバイトを

させてもらったことがある

(この手の仕事をするには「Pライセンス」という

運転ライセンスが必要で、当時私はそれを保有していました)。

そのときに日本から雑誌社がWaiheke島の取材に来たときに、

私が同行させてもらったのがこのレストランだ。







レストランで出された料理の写真を撮って一通り取材をしたあとに、

残った料理を取材班が試食する、というのがいつものパターン。

でもたまたまこの時は「せっかくですから、運転手さんもどうぞ」

と声をかけていただいた。(いやー、いい人たちだなあ・・・)






その料理はラムラックだった。まあそれをスライスすれば

早い話がラムチョップで、こっちのバーベキュー料理の定番だ。

皆で1・2切れずつ仲良く分け合って、試食会だ。

見た感じは確かに美味しそうだが、そう言っても所詮はラム肉である。

多少の硬さや臭みは覚悟しなければならない。

そう思っていた。だが、口に入れた瞬間・・・










「?!」








小さく「うわっ」とつぶやいた後、5秒くらい言葉が続かなかった。

「これは、ラムじゃないぞ・・・」臭みはまったくなく、

多少の弾力はありながら軟らかくてジューシー。

でもあのラム特有のしつこい脂っこさが全然ない。

またそのソースがもう本当に・・・なんのベースのソースだか

忘れてしまったけど・・・なんとも絶品だ。

聞いた話では下味の段階から、ものすごく手間隙をかけて

作っているらしい。これを食べてしまっては、

他のラムが食べられなくなる・・・そんな一品だ。







ひょっとしてレストランで食べるラムって、

どこもこんなに美味しいのかな・・・



そのときはまだそう思っていた。









その翌日もまた取材で、今度はオークランド市内の

某有名店(そこはNZ Heraldにも取り上げられていたり、

また日本の雑誌にも掲載されている。事実今回も

日本の雑誌社が取材に来ているのだから)。

またここでもラム料理、しかも同じラムラックだ。

でも今度はマスタードソースで、色合いが昨日のとは少々ちがう。







取材の後の試食会に、またしても呼んでいただいた。

(いやー、本当にいい人たちでした)。同じようにラム肉をとりわけ、

試食会が始まった。今日のはどれだけ美味しいんだろう。

そう期待しながら肉を口に入れた瞬間・・・・












「ありゃ?」





 







これ、普通のラムだな。多分まずくはないんだろうけど・・。

確かにマスタードで臭いを消そうとしているみたいだけど、

でも噛めばかむほどあの臭い、脂っこさが現れる。

昨日食べたのと比較すると、はっきりいってかなり落ちる。

試食した全員が同じ意見だった。








Mudbrickのラムラックは今でも強く印象に残っていて、

値段も二年前当時で40ドル以上(その一皿だけの値段ですヨ)

したのと覚えている。残念ながら我が家の予算では、


「明日おまえは死ぬ。最後に何が食べたい?」



というような状況にでもならない限りちょっときびしい。






はたして同じ料理がまだあるのかな・・・

ホームページでメニューを見てみると、ラム料理が一品載っていた。



First class pure North Island Lamb Backstrap --- $38



これって同じメニュー?なんか値段も下がってるけど・・・。



「2年前に美味しいラムラックを食べたんだけど、

これがその料理ですか?」とうとう気になって

メールで問い合わせてみた。すぐに返事が返ってきて、

「メニューはシーズンによって変わります。この料理は

ラムラックではありませんが、それでもとても美味しいですよ・・・」


残念。でもシェフが代わっていなければ、

これも間違いなく美味しいだろう。





いつかは家族で食べに行ってみたい・・・願いがかなう日が、

はたしてやってくるのだろうか。

(やっぱり死ぬ前日か?)

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : 生活 旅行 留学 永住 ワーキングホリデー ニュージーランド ドル オークランド キャンプ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク