海外での読書 - Amazonの安価な「古本」をタブレットで読む

 
最近タブレットで電子書籍を読まれる方が多いと思います。電子書籍の購入方法は沢山ありますが、やはりAmazonのインターフェイスが使いやすいと思います。私自身はAcerのアンドロイドタブレットにKindleアプリをインストールして使っています。検索してから2クリックぐらいで買えてしまうので、買い過ぎに注意する必要があるくらいです(笑)。


Amazon.co.jpのアカウントとKindleアプリは、日本で設定・ダウンロードをしておいた方が無難のようです。海外に出てからやろうとすると、いろいろと面倒なことが起きるような記事を、ネットで散見します。


ところでAmazonのKindleストアで書籍検索をするとまだまだ冊数が豊富ではなく、また値段もちょっと高い気がしています。(まあそれでも文庫本を本屋で購入するよりは少しは安いのですが…。)


というのはAmazonで一般書籍を検索すると、安い「古本」が沢山ヒットします。当然それらは電子書籍ではありません。また古本はAmazonが直接販売しているのではなく、マーケットプレイスからの出品で、通常は海外郵送も扱っていません。でも数年前の文庫本だと「書籍1円、国内郵送料250円」とかで出品されているものも沢山あります。


なんとかこういう「安価な古本」を海外から読めないかな…で、いろいろ調べて以下の方法で「とりあえず読める」ことが分かりました。既に2冊ほど、この方法で読んでいます。


1. Amazonマーケットプレイスで注文して、「自炊代行業者」に直接送る。
2. 自炊代行業者に本を裁断・スキャンしてもらい、データを送ってもらう(有料)。
3. 送られてきたデータをタブレットで読む。

ここで言う「自炊代行業者」というのは、送られてきた本を裁断して、スキャナーで読み込み、データを送ってくれる業者です。通常は裁断・スキャン後の書籍は、廃棄されてしまいます。業者自体は検索すると沢山でてきますし、次のような比較サイトまで存在します。


自炊代行サービスの比較まとめ
http://www.bookfire.net/


その過当競争のおかげか、手数料もさほど高くはありません。もし急がないのであれば、「350ページの文庫本で100円程度」というのが相場のようです。また代金決済もPaypalが使える業者も沢山あります。


実際私が依頼したパターンは、


1.マーケットプレイスで古本購入(本体価格1円、送料250円)
2.業者でスキャン(100円、Paypal決済)


合計351円で、文庫本(古本ですが)を読むことができました。またもちろん、コミック本でも同様なことができます。


因みにアンドロイドタブレットで書籍を読む場合、Perfect Viewerというアプリがお勧めです。是非試してみて下さい。




スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク