有意義な週末



先週末は遊びの予定が多く、若干多忙な週末となった。




土曜日の夜、月に一度のマージャン定例会。

いつも会場を提供していただいている「長老」ことM氏宅で、

8人(2卓)でのマージャンナイトとなった。その日は

結局半チャン2回だけとなり、11時半ぐらいでお開き。

最初私はまったくツキが無かったが、1回目のオーラスで

倍満をあがってトップ(振り込んでくれたのは

「イカ釣り名人」でした(^_^)。2回目もそのツキを維持して、

トップを確保。ここ半年ぐらいこんなにツイたことはなかったのに、

どうしたんだろう・・・。

(マージャンをご存知無い方、わからなくてすいません。)





翌日曜日、私の「釣り師匠」ことTさんが遊びに来てくれた。

師匠はボートを持っているので、お天気もいいし

釣りにでも行きましょうと誘ってくれた。師匠は前日にも

釣りに行ってきて、「一緒に食べましょう」と

手土産に持ってきてくれたのがこれ!





で、でかいぞ
!!

 


なんと体長51センチの真鯛だ。

この大きさは、なかなか釣れない。

「師匠、釣ったんですか?」と聞くと、

「いや、実は釣ったのは私じゃないんです」・・・

師匠は昨日友人と二人で沖に出ていたらしい。

その友人は「生きたアジ」を餌にした「流し釣り」をしていたため、

師匠がちょうど餌に手ごろな小型の「アジ」を釣りあげたので

友人にそれを渡したところ、そのアジでこの巨大な真鯛が

かかったそうだ。その友人はもう十分真鯛を釣り上げていたので、

これを師匠にくれたらしい。(なんて太っ腹!)

師匠は「餌を釣ったのは私です」と妙な自慢をしていた。






師匠自ら、我が家の台所に立って頂いてさばいてもらった。






贅沢な一品!!





一匹でこれほど食べ応えのある鯛刺は、なかなかないだろう。

子供たちも参戦し、あっさりと完食。

この時点で私はすっかり「つり気分」満喫となってしまって、

「もう今日はいいや」・・・ということで、

釣りに出るのは中止となった。この後の予定も控えているので、

体力を温存しないと・・・・。





夕方に「イカ釣り名人」家族も合流。

師匠、名人、我が家の3家族で、夕方から

本日のメインイベント、子供たちへの「エンターテイメント」に

向かうこととなった。









それは・・・



























ここ。







そう、オークランド北郊外の人口スキー場だ。

オープンして多分2年くらいになると思うが、

いつかは来たいと思いながら今までなかなか機会がなかった。

子供たちも興奮気味だ。




中は無風なので、思ったより寒くない。

子供たちは初めてのスキーだ、どうせ1時間もすれば

泣きごとを言い始めるだろう・・・と思っていたら正反対だった。

初めてのスキーに子供たちはすっかりハマってしまい、

「帰るよ」「やだ、もっとすべる」となかなか帰りたがらない。

最初に払った1時間分の利用時間をすっかりオーバーして、

たっぷりと追加料金を払わされた。




結局スキー場を出たのが、夜の9時。

まあ子供たちは明日から2週間のホリデー(春休み?)だし・・・。

でも大人1名+子供2名で、1時間半遊んで

120ドルっていう料金は果たして手ごろなんだろうか・・・。

確かにスキー場へ行くことを思えば、はるかに安いだろう。

でも「週末の手ごろなレジャー」とは言いがたい。

まあ私の「安月給」に原因があるのかもしれないけど・・・。

でも子供たちはあんなに喜んでいた。

また機会があったら連れてくることにしよう。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : 生活 旅行 留学 永住 ワーキングホリデー ニュージーランド ドル オークランド キャンプ

コメントの投稿

非公開コメント