オークランドでの面白いアルバイト



オークランド地区で、ちょっと面白いアルバイトを紹介しましょう。ただし下記の条件を満たす人が対象になります。


1.合法的に働けるビザを持っている人
2.英語で簡単な会話、電話の応対ができる人
3.オークランドの出来ればCity近辺に住んでいる人、もしくは車がある人
4.時間のある人


そのアルバイトというのは、テレビ・CM・映画のエキストラ出演のアルバイトです。実はニュージーランドは「知る人ぞ知る」撮影コンテンツ大国(ちょっと表現がおかしいですね)で、NZ国内だけでなくいろいろな国のテレビ・映画の「撮影スタジオ」として使われています。「The Last Samurai」「King Kong」もそうですし、日本の子供向け番組「マジレンジャー」の撮影の一部やいくつかのコマーシャルの撮影も、ニュージーランドで行なわれていました。


そうした背景には、ニュージーランドが 1.英語圏で 2.人件費・制作費が安く 3.移民が多いので人材が豊富 ということが上げられるでしょう。実際私が出演(?)したもののうち何本かは、海外のものです。(日本のCMも何本かオーディションに行きましたが(缶コーヒー、自動車、ビール等々)、ことごとく落とされてしまいました(^^;ゞ。)


そうした事情もあって、アジア人の需要も少なくないのです。老若男女問いませんし、容姿端麗である必要も全くないです。たいていはセリフもありません。(でももしセリフつきの役をゲットできたら、出演料は高いです!)なので電話連絡やメール連絡などの簡単な英会話ができる人であれば、挑戦してみるのも楽しいと思います。日本ではなかなか出来ない経験ですし、自分が出演したものが画像として残るのは、また他の仕事とは違った感慨があります。


因みに私がまだ定職を持たなかったときに(^^;ゞ、出演した主なものを書きますと・・・


NZのドキュメンタリー番組(戦争中の日本兵捕虜の役)
NZのジュースのCM(後頭部のみ出演(^_^;)
NZの銀行のCM
カナダのケーブルTVのCM
北米地区のクレジットカードのCM
NZのSKY TVのCM


どれも貴重な体験でした(笑)。


エキストラの仕事はなかなか個別に見つけることは難しいので、エージェント登録をします。登録をすると、そのエージェントから対象となる人へ連絡が入るシステムです。


私が利用していたエージェントを紹介します。


Backgroud Talent
http://www.backgroundtalent.com/


ここは規模も大きく、仕事もちょくちょく入れてくれます。上記リンクの「Extra」をクリックし、「Application Form」からオンライン登録が可能ですが、実は年間登録料$150-が必要です(2010年9月現在)。なので短期間の滞在の人はこの$150を上回る出演料を得ることができないかもしれませんので、あらかじめその覚悟が必要です。(ちなみにこういうエージェントは結構沢山あって、またエージェントによっては交渉次第で、「最初の仕事から登録料を差っぴいてもいい」というところもあります。これなら仕事がなければ手数料は払わずに済みます。是非自分で探してみて、メール等で交渉してみて下さい。)年会費を払って写真を送るか撮ってもらえば登録完了です。


詳しいシステムはサイトを読んで頂きたいのですが、概略を話しますとエージェントからメールか電話や、あるいはシステム内で通知が入ります。パターンは2つあって、


1.仕事の依頼
2.オーディション参加の依頼


上記1の場合は、指定された場所にそのまま行って仕事をするだけですが、数から言うと2のオーディションのある仕事の方が多いです。その場合オーディション会場までの交通費は支給されませんので、もしオーディションにパスしなかったらまったくの無給となります。ただしオーディションのある仕事は、出演料が高い場合が多いことも確かです。このオーディション会場の場所は、オークランドのCity近辺・もしくはGrey Lynn周辺が多いです。この地区に、TVプロダクションが集中しているからだと思います。


オーディションはカメラの前で簡単に話をする程度が大半です。まあカメラ写りを見るのが目的だと思いますが、たまに何人かで寸劇のようなことをやらされる場合もあります。


さて、オーディションをパスして(あるいはオーディションなしで)いざ撮影に入りますと、その大半の時間が待ち時間です。そして通常は食事・軽食がついていますし、いろいろな人と話ができるので個人的にはかなり楽しいです。「へー、撮影現場ってこんなのなんだ」と通常とはちがった雰囲気を楽しめます。演技はというと、たいていはただ立っているだけとか、拍手してとか、簡単なことがほとんどです。


さて、肝心の(?)出演料ですが、後日銀行振込になります(振り込まれるのがかなり遅くなるケースも多いですが・・・)。まず製作会社からエージェントに振り込まれ、そこから20%手数料が差し引かれます。そこからさらに税金(たいていは19.5%)引かれるので、額面の約6割が手取りとなります。


税金は仕方ないとして、「20%の手数料は高いぞ」と思うかもしれません。ただ個人では滅多にこの手の仕事は見つけられないと思います。また出演料のレベルははっきり行って「ピンキリ」ですが、私がNZの銀行のCMに出たときの出演料は、額面が900ドルだったので手取りでも500ドル以上。よっぽどのことが無い限り、「オーディションをパスする必要がある仕事」が1本でもとれれば、年会費のもとはとれます。


ただこの仕事は、時間の融通がきく人でなければ難しいと思います。エージェントの連絡も夕方に電話がかかってきて、「明日(平日)の朝8時に、ここに来れる?」という感じで連絡があることもしばしばです。私は(いくら脱力系とはいえ)普通のサラリーマンなので、ほとんど行くこともできなくなってしまって、登録自体もやめてしまいました。働けるビザがあり多少の英会話ができて、且つ時間に余裕のある人・・・私はワーキングホリデーで来られる方に、向いているのではないかと思いますが・・・。NZならではの経験だと思いますが、いかがでしょう。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : 永住 留学 旅行 生活 ワーキングホリデー ニュージーランド オークランド ドル キャンプ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク