ニュージーランド航空利用で、荷物が多い場合のヒント


渡航時・帰国時に荷物が多くなり、空港でのチェックインに頭を悩ます方も多いと思います。

ニュージーランド航空のエコノミークラスのケースを見てみましょう。
(2012年3月19日現在のデータです。)  www.airnewzealand.jp/checked-in-baggage




通常のエコノミークラスの場合、チェックインで預ける荷物は1個・23kg以内です。


ただ人によっては、23キロでは足りないケースも多いのではないでしょうか。特に帰国時は、ニュージーランド滞在中に
荷物が増えすぎて、収まり切らないケースも多いと思います。


では超過する場合の料金はどうなるのでしょうか。


超過手荷物料金(2012年3月19日現在のデータです。) 

ニュージーランド発 :http://www.airnewzealand.jp/excess-baggage-nz





重量の超過分については23キロ以上、32キロ未満であれば8000円の追加ですが、同じ8000円の追加で別にもう1個、23キロまでの
荷物を預けることができます。すなわち8000円の超過料金で、最大で「無料分23キロ+追加分23キロ=46キロ」の荷物をチェックインに預けることが可能です。荷物を郵便や国際宅急便で送ることを考えると、こちらの方が断然安くつきます。


さて、それでは何に23キロの荷物を詰めるか、ということですが、普通に考えると段ボール箱が軽くて便利です。
ただ1個の段ボール箱に23キロの荷物を詰める場合、洋服とか比較的「軽くてかさばる物」は、1個の箱に入りきらないケースもあるでしょう。


そこで我が家が一時帰国から帰ってくるときに、実際にやってみた荷造り方法をご紹介します(笑)。

スポンサードリンク

1.段ボール箱を2個用意する。

お勧めの段ボール箱はこれ。(クロネコヤマトの事務所で購入できます。)



(たて)35cm×
(よこ)52cm×(高さ)29cm


2.荷造りをして、最終的に段ボール2つの重量合計が23キロ以内であることを確認する。


3.2つの段ボールを空港へ持参。そしてチェックインカウンターで預ける前に、2つの段ボールを上下に重ねて、ガムテープでぐるぐると巻いて1つにする。


荷物の超過料金が「1個」(縦+横+奥行が158cm) となっているので、2個の段ボールでも上記方法で「1個」としてチェックインできます。他の段ボールを使用する際は、そのサイズ(2個重ねた時のサイズが、縦+横+奥行=158cm未満)に注意してください。


ご家族で長期滞在予定の方等、渡航時に荷物が多くなる場合は、是非利用してみて下さい。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク