「Holiday Park」の勧め 実践編


それでは実際にHoliday Parkの利用の仕方について説明します。

まずどこのHoliday Parkを選ぶかという問題ですが、一応Holiday Parkにもホテルのようなランク付けがあって、星の数によって表示されています。(5スター、4スター等々)



こんな感じです


最高が5スター、最低は1スターの等級があり、私はこの星の数はかなり的確な評価だと思いますので、Holiday Parkの良し悪しを決める判断材料にしています。

宿泊するHoliday Parkを予約していない場合、まず中を先に見せてもらうことも出来ます。その時は必ずReception Officeに行って、「ちょっと中をみせてね。」と断ってから入って下さい。(まず「だめ」とは言われません。)そして中を見て気に入らないというのであれば、別のHoliday Parkを見に行ってもいいでしょう。私はHoliday Parkを決めるときの大きな判断材料は、「シャワーがガスシャワーかどうか」という点です。もし電気タンクのシャワーですと、時間帯によってお湯がなくなるケースがとても多いからです。とくに我が家みたいな子供連れの場合、これはかなり困ります。ガスシャワーかどうかは、シャワーユニットの外にガスタンクが何本も置いてあるのですぐに判りますし、最近はたいていのHoliday Parkはガス温水を使用しています。

Holiday Parkには、必ず明るいうちに着きましょう。暗くなるとテントの設営が難しくなります。Holiday Parkに着いたらまずReception Officeに行って、利用料を支払います。通常前払いで、チェックアウトは出発日の10時とか11時とか指定の時間迄に勝手に出て行くだけです。

Receptionからテントを張る場所を番号指定される場合もあります。(人気のHoliday Parkや、ピークシーズンなどは大体そうです。)この場合は指定の場所となるのですが、「このエリアの中で、好きなところを選んでいいよ」という場合も多いです。その場合好きなところにテントを張っていいわけですが、その場所選びにはポイントが2点あります。

1. キッチンやトイレ・シャワーに近い所
2. できるだけ「風がふかない」場所

上記1については異論はないと思いますが、2はとくにビーチ沿いのHoliday Parkに多いケースで、ビーチに近い場所にテントを張ると夜に強風が吹き抜けることがあります。「強風」はテントにとって天敵で、安眠を妨げられたりテントを倒されたり等、いろいろといたずらをしてくれます。少しだけビーチから遠ざかるだけでも風の強さが随分違う場合も多いので、その辺も考慮してテント設営の場所を決めてください。

場所が決まったら、まず「テントの組立て」です。最初はとまどうかもしれませんが、慣れれば15分もかかりません。電源ケーブルを持ってきた場合は、ケーブルも繋いでテントの中に引き込んでおきます。

テントを張って、寝袋や必要な物をテントの中に入れたら一段落です。あとはくつろいだり車で出かけたり、楽しんでください。自炊の場合は共同キッチンで用意することになりますが、混雑時は他の利用者のことも考えてあまり長時間コンロを独り占めするのは控えましょう。後かたづけ用の洗剤等は、持参する必要があります。

Holiday Parkの夜は通常はとても静かです。テントの中の話し声は、思った以上に外に筒抜けとなります。他のキャンパーの迷惑にならない様、できるだけ静かに過ごして下さい。

出発する日の朝、もし天気が良ければテントの撤収は「出発の直前」にやりましょう。朝つゆに濡れている場合が多いので、それが乾いてから収納したほうがカビが生えにくいからです。ただし雨が降り出しそうな場合は早めに畳んだ方がいいので、その辺は臨機応変にやりましょう。

食事は自炊でもいいですが、もし苦手であれば慣れるまでは夕食は外食かテイクアウェーで済ませて、朝食はパンとコーヒーというパターンが楽だと思います。通常キッチンにはトースターや湯沸かし器もついていますので、スーパーで前日にパンとインスタントコーヒーでも買ってくればOKです。大いにキャンプライフを楽しみましょう。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : ニュージーランド オークランド ワーキングホリデー 永住 留学 生活 旅行 ドル キャンプ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク