「Holiday Park」の勧め 概略編



ニュージーランドはキャンプをする環境が非常に整っています。キャンプというと「はんごう」でご飯を炊いたりキャンプファイヤーをしたり・・・と想像する方が多いかもしれませんが、NZでは(そういうところもありますが)少し事情が異なります。


NZではHoliday Parkという宿泊施設が全国いたるところにあります。キャンプ用の施設のほかにモーテルのような施設が併設されているところがほとんどで、とても手ごろな価格で宿泊することができます。モーテルのようなキッチン・トイレ付きの部屋もありますが、たいていは(もちろんキャンプサイトも)共同シャワー・トイレ、共同キッチンが基本です。


もしNZへ来られて旅を楽しむのであれば、是非一度はHoliday Parkを利用したキャンプを体験してみてください。私がお勧めする理由はいくつかあります。



値段が安い
大体相場で1泊2名分で30~40ドルのところがほとんどで、モーテル等よりずっと安く済みます。「でもテントでしょ」と思われるかもしれませんが、不衛生な部屋、匂いのするベッドで一夜をすごすよりは、よっぽどテントのほうが快適だと思います。なにしろ自分で持ってきたものですから。


予約が要らない
よっぽどピークシーズンの有名観光地(クイーンズタウンとか)でなければ、キャンプサイト(またはパワードサイト)は予約なしでもたいてい少しは空きがあります。旅行シーズンに宿の予約がとれないケースが多くても、ホリデーパークのキャンプサイトであればあまり心配する必要はありません。また宿の予約をびっしりと入れる必要がなければ、「ここが気に入ったらから、もう一泊しよう」ということも比較的自由にできます。



もちろん制約がないわけではありません。基本的にホリデーパークの利用は


車での旅行が前提
ホリデーパークは通常その都市のはずれにある場合が多いため、パスでの移動ですとどうしても不便ですし、テントや寝袋、電気製品などを持っての移動は結構大変だと思います。


最低限の初期投資は必要
寝袋やテント等、最低限の装備は買う必要があります。といっても1週間以上の旅行をする予定であれば、モーテルに滞在するのと比較しても金額的にはもとがとれると思います。(快適度合いは別にしますが・・(^_^;)


雨の多い時期には不向き
雨の多い時期(冬場のオークランド等)は旅行自体不向きですが、テント生活は特に厳しいものがあります。トイレやシャワーに行くときに、テントを出ると雨・・・というのは、とても気分が滅入ります。


 


上記の制約がクリアーできる方は、是非Holiday Parkの利用にチャレンジしてみて下さい。また私は特に若い方たちだけではなく、小さなお子さんのいるファミリーにも是非楽しんでほしいと思っています。たいていのお子さんはまず間違いなく、テント生活が気に入ると思いますよ。


次のコラムでは、Holiady Parkに関する情報収集の方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : ニュージーランド オークランド ワーキングホリデー 永住 留学 生活 旅行 ドル キャンプ

コメントの投稿

非公開コメント