釣りは危険なスポーツ?(その3)




海に投げ出されて5秒くらいは、何がなんだか解らなかった。

とりあえず足がつかない(当たり前だけど)。

でもライフジャケットのおかげで浮いていることはできる。


Tさんが叫んだ。

 「Jさん、ジャケットのファスナーを閉めるといいですよ!」


 


わたしはライフジャケットの前ファスナーを空けていたので、

どうも体が安定せずライフジャケットが脱げそうだった。

言われた通りにした。なるほどライフジャケットが体にフィットして、

体が安定した。



小さなボートは完全にひっくり返り、

底を上にして死んだ魚のように浮いている。

私とTさんはその死んだ魚のヘリにしがみつき、

とりあえずぷかぷかと浮いている。



顔を見合わせた。2人とも笑っていた。笑うしかなかった。



私は岸をみた。大体300~400メートルってところか。

万が一の場合、死ぬ気で泳げば何とかなるかな?

ライフジャケットもあるし。いや、でも潮に流されると

ちょっとまずいかも・・・。



水が冷たかったが、比較的落ち着いていた。

岸から近いし、まだ明るい。死ぬようなことはないだろう。



「とりあえず、ボートを戻しましょう。」



Tさんに言われて、ひっくり返ったボートを元に戻すことにした。

1、2の3!でボートを裏返した。

ボートの中にはまだ90%くらい水が残っていて、

エンジンの重みで今にも沈みそうだ。

ボートのヘリにつかまりながら、中の水を近くに浮いていた

なにかのポリ容器を使ってかき出した。

竿も道具もみんな沈んでしまった。

浮いているのはプラスティック製のものぐらい。

20分ぐらいかけて半分くらい水を出したところで

まずTさんがボートに乗り、残っている水の大半を

かき出したところでようやく私も乗り込んだ。

はぁ~、とりあえず一安心だ。



私が残った水をくみ出している間に、

Tさんがエンジンをかけようとした。が、かからない。

当然といえば当然だ。

エンジン全体が水の中に沈んだんだから・・・。



「かかりそう?」私は聞いた

「無理っぽいっすねぇ」

「どうします?手で漕ぎますか?」

「うーん、でもこの辺、結構潮が早いですしねぇ。」



ちょうどその時だ。200~300メートル先から、

1隻の船が近づいてきた。我々のことを見ていたようだ。



「大丈夫か~」声をかけてくれた。

「大丈夫だけど、エンジンがかからない~」とTさん

「こっちに乗るか~」

「Yes, please」....助けてもらうことにした。




助けてもらった船は商業用の漁船で、

20メートルくらいの大きい船だった。

「岸まで連れてって」とお願いしたのだが、

「この船は大きいから、あそこには船がつけられない。

Birkenheadの埠頭で降ろしてあげるよ。」・・・





Tさんのボートをロープで引っ張りながら15分程、

Birkenheadの埠頭まで乗せてもらった。

船長に心からお礼を言って埠頭に降りると、

船から連絡をとったTさんの奥さんがすぐに迎えに来てくれた。

あー助かった。もう少しで新聞に載るところだった・・・。


 


そんなことがあっても、

「釣りはもうこりごり」というわけではない。

Tさんはそれからもちょくちょく誘ってくれて、

別のボートと修理したエンジンで沖に連れてってもらっている。

やはり釣りは楽しい。ただ痛感したのが、

ライフジャケットの重要性だ。もちろん法律でも

装着が義務付けられているが、ライフジャケットは文字通り

「命のジャケット」なのだ。

あれ以来乗合船やフェリーに乗るときでさえ、

救命道具がどこにあるかを常に意識するようになった。

「緊急時の備えを常に意識しておく」・・・

自己責任で行動する上で、大切なことだと知った。

人生、すべて勉強ですね。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : ニュージーランド オークランド ワーキングホリデー 永住 留学 生活 旅行 ドル キャンプ

コメントの投稿

非公開コメント