「たこ」のないたこ焼き


週末だし、久しぶりにたこ焼きにしよう、という話になった。





ではたこを買いに行こう、と魚屋に行ってみた。





ここは左から魚屋、中華系食材屋、肉屋とならんでいて、その向こうには中華系の八百屋がある。我が家の買い物定番コースだ。


で、魚屋をのぞいてみた。ここにはBaby Octopusという小さなたこを冷凍したものが置いてあるので、たこ焼きをするときにはいつもそれを買うようにしている。


でも今日は置いてなかった。



たこ焼きなのに、たこが無い・・・。





「じゃあ、えびにしよう。」カミさんの一言できまった。


 



家に帰ってカミさんと子供がタネの準備をしているあいだに、私は鉄板の準備だ。



我が家のたこ焼きは、この鉄板。イワタニのたこ焼き器で、カセットガスで焼けるすぐれものだ。変圧器も入らないし、火力もつよい。電気もいらないので、外出先の屋外でも使用できる、アウトドア派の強い見方だ。(といってもニュージーランドまで来て外でこんなもん使うなよ、恥ずかしいぞ、という意見もある。)


たねを入れエビを入れた後、最初にひっくり返すのが私の役目。その後形を整えるのにころころと転がして丸くするのが、子供らの役割だ。



最初はうまく出来なかったが、最近はこの通りだ。たくさんつくって、余ったのはカミさんが冷凍庫に入れていた。エビもなくなったのでチーズも入れてみたが、これもこれでなかなか上手い。でもやっぱりたこの歯ごたえがないと物足りないのも確かだ。あるときに買っといて、冷凍庫に入れておかないとだめだな・・・・。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : ニュージーランド オークランド ワーキングホリデー 永住 留学 生活 旅行 ドル キャンプ

コメントの投稿

非公開コメント