医者嫌い

 私はそもそも医者嫌いだ。NZへ来てから丸6年、GPに通ったのは1回だけ。たちの悪い風邪を引いて行ったのだが、検査とかもなく「薬飲んで水分とって安静にして下さい。2、3日して改善しなかったらまた来て。」と言われただけで、結構な診断料を取られてしまう。それ以来市販の風邪薬を飲んで、医者には行かないようになった。

 
ところが先日キャンプから戻ってきてから、どうも体調がよくない。なんか体がだるいなー、疲れかなと思っていた。ところが週末に異変が起きた。

 

ん?、あれ??・・・

 


この異変、実はトイレの中で起こった・・・・・おしっこが極端に出にくくなってしまった。


翌日にはいよいよ厳しくなったので、さすがにここでGive Up。GPへ行くことにした。


検尿と一通りの問診を終わると、医者いわく


「症状から膀胱炎の疑いが一番高いです。抗生物質を3日飲んでみて、症状が治まらなかったらまた来なさい。」



ところが3日経っても、症状が改善しない。それどころか38度以上の熱も出始めた。しんどい思いで再度GPへ。


「この薬が効かないのであれば、前立腺が炎症を起こしている可能性が極めて高いですね。」


再度詳しい尿検査と、血液検査をして、その結果急性の前立腺炎であることが判明。新たな抗生物質を飲むことになったのだが、なんと「1か月分」の処方。抗生物質をそんなに長期間飲んで大丈夫なのか・・・?


前立腺炎をネットで調べてみると、大抵のサイトでは「不適切な性交渉」が感染経路のようなことが書いてあって、半分「性病」扱いである。私の場合、その方が「話」としては面白いんだけど、残念ながら全く身に覚えがない。こんなに苦しい思いをするのであれば、むしろそういう楽しい思いをしてから病気になりたかったとさえ思う(冗談です)。おそらくキャンプ中衛生状態が良くない中で、雑菌が入ったのだろうと思っている。


ところで・・・医者が前立腺に異常がないかどうかを、触診で確かめる方法がある。「経験者」はご存知だと思うが・・・お食事中の方すいませんが・・・「肛門」から指を入れて前立腺を内側から触診するのである。


幸か不幸か(?)、私はそちらのほうは「未体験」である。おまけにこっちの前立腺はおもいっきり炎症を起こして腫れている。医者の指が容赦なく私の・・・(ってなんか変な文章になってきたな・・・)。もういたいなんてもんじゃない。絶叫をこらえるのに必死でした。


初体験はやはり強烈に痛かった。最後に医者に言ってやりたかった。



「ケダモノ!」

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク