Trick or Treat?


「Trick or Treat?」


今年もそんなシーズンがやって来た。おなじみハロウィーンのフレーズ。毎年そんなに数は多くないが、我が家にも小悪魔たちはやってくる。そして我が家の小悪魔たちも、近所へお菓子の回収に出かけるのだ。


「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!」・・・そんな訳になるらしい。最近はたまに意地悪な大人がいて、「Well, give me a Trick. (じゃあ、いたずらしてみろよ)」と言ってお菓子をあげないという、まことに大人げないジョークで切り返す輩もいるらしい。いい迷惑である。私が子供なら、腹いせに「OK」とか言って窓ガラスでも割ってしまうかもしれない。


カミさんが付き添ってウチの小悪魔たちが出かけている間、私は留守番で我が家にやって来る小悪魔たちのお相手をする。毎年同じパターンだ。


ところが今年はまだ一人もやってこない。時間は夜の7時半。我が家は道からちょっと奥に入ったところにあるので、今年は来るのが面倒くさくなったのか。悪魔たちも根性がなくなったものである。それとも豊かになって、もうお菓子など目もくれなくなってしまったか・・・。



と思っていると、



「コンコンコン」



子供がノックしている弱々しい音だ。お菓子を手に持って、玄関口へ向かう。まあ一人くらい来ないと、ハロウィーンの雰囲気も出ないし。まあ今年はこの一人で最後かなぁ。もう時間も遅いし・・・。そう思って玄関をあけると、目に入ってきたのは、









小悪魔小悪魔小悪魔小悪魔小悪魔小悪魔小悪魔・・・って、おい!
いったい何人いるんだ?





大小さまざまの黒装束、10人近くの「小悪魔様、ご一行」の団体さんだ。いやー、団体さんで来られてもねぇ・・・。とはいっても仕方なく、持っていたお菓子ほぼ全てを一度に回収されてしまった。「小悪魔様、ご一行」恐るべし。



もう来ないでくれよ、お菓子も無いんだから・・・と思っていたところに、我が家の小悪魔たちが帰ってきた。



しかし彼らの収穫袋を見て驚いた。2人ともビニール袋にすごい量を回収してきている。私があのご一行様にあげた量の軽く数倍は入っている。この回収量、君たち小悪魔と言うより、大悪魔です。2人ともニコニコ顔で、すっかりご満悦だ。



まあ考え方によっては、こんなことができるってことは治安がよい証拠かもしれない。子供の虫歯が心配だけど・・・。

 

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Jayjaysさん
こんばんは♪pontaroです。^^

可愛い悪魔達ですね♪^^

いいなぁ~♪^^
私も大大悪魔になって、
Jayjaysさんちに行けば、
よかったです♪^^

ほんと、虫歯が心配ですねぇ~♪^^

pontaroさん

 コメント有難うございます。小悪魔たちはかわいいですが、でもさすがに「ご一行様」となるとヒキますよ。私はドアの前で、一瞬たじろぎましたから(笑)。この時期歯磨きは念入りにさせるほうがいいかもしれません。

Jayjays

 
プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク