携帯のSimlock解除

一部の携帯電話は特殊な処理を施すことによって、ニュージーランドでも日本語環境で使用することができます。但しそれらの携帯は、基本的にはVodafoneと新興キャリアの2degreesの携帯だけと覚えて置いて下さい。


Vodafone、2degrees携帯には本体の中にいろいろな情報を管理している「Simカード」(ICチップのようなもの)が入っています。そして携帯本体には、日本のVodafoneのSimカードしか読み込まないように「ロック」(Simロック)がかけられているのですが、そのロックを解除します。手順を書きますと、



  • Simロックを解除してくれる「業者」に携帯を持ち込んで、ロック解除を依頼する。
  • その携帯をニュージーランドに持ち込む。
  • ニュージーランドVodafoneのSimカードを入手し(40ドル程度、2degreeは$5-で市販されています)、それを携帯に差し込んで設定を行い使用する。(因みにニュージーランドテレコムでは、使用不可です。) 

 と簡単に言うとこんな感じです。業者によってはSim解除済みの携帯を販売しているところもありますが、だいたい3万円前後とちょっと値が張ります。またVodafoneの携帯がすべてSimロック解除ができる訳ではありません。基本的に一部メーカーの「3G」機種で、お勧めは東芝の機種と、シャープの機種です。具体的には

(すべてVodafone)
東芝:803T 902T 903T 904T
シャープ:903SH 703SH 703SHf 902SH 802SH


このあたりが比較的解除しやすい機種のようです。ちなみにシャープでも801SHは通話とショートメール(SMS)はできても、ネット関係が全くできません。それからソニーエリクソンの802SEも解除しやすい機種ですが、これまたネットで日本語のサイトを見ると文字化けをおこします。(Sim解除の不良ではなく、日本のVodafone以外のキャリアを使うと日本語が読めない規格になっているらしいです。)なのでこの2種はお勧めできません。


さてこれらの携帯の最大のメリットは、何といっても携帯でネットがいつでも・どこでも利用できるところです。但し気をつける必要があるのは、「パケット代」が非常に高いということです。通常学生・ワーホリの方の大半はプリペイドタイプの契約で携帯を使用しますが、このプランですと1MBあたりのパケット代が10ドル(約700円) (2010年09月現在、1日あたり$1-10MBまでとなりました) なので通常の使用はメールチェックと簡単な返信にとどめておいて、大きなファイルをやりとりしたい場合は学校やネットカフェのパソコンを使う、というふうに使い分けると良いと思います。いつでもどこでも日本語でメールチェックが簡単にできる環境であれば、わざわざパソコンをニュージーランドに持って行かなくても良いでしょう。


またこの場合のメールアカウントですが、HotmailやYahooメールなどの無料アカウントを利用して、携帯のブラウザーからでもパソコンからでもメールにアクセスできるようにしておくのがいいでしょう。(余談ですが私はYahoo, hotmail, livedoor, gooの中で一番使いやすい無料メールアカウントは、Yahooだと思います。最近無料で1GBまで利用できるようになりましたし、ウイルス対策もインターフェイスも優れていると思います。まあこれは好みもあるでしょう。)*2007年9月訂正:一番使いやすい無料メールアカウントはGmailです。Yahooは最近迷惑メールが多過ぎて困っています。


肝心の「Simロック解除業者」ですが、「sim 解除」とかで検索してみて下さい。沢山見つかるはずです。ロック解除の代金は1000円~5000円程度とまちまちで、新しい機種ほど解除しにくいロックがかけられているため代金が高い傾向にあるようです。また業者の腕もまちまちで、解除が不良ですと通話・ショートメッセージができても、肝心のネットができないということがよく起こります。事前にかならず「ニュージーランドでブラウザーを使ったメールを利用したい」とか目的をはっきり伝えて、それができることを先に確認するべきでしょう。取り扱いが多い業者であれば、これまでの事例でニュージーランドでの不具合があれば教えてくれるはずです。また遠隔地の方は郵送での解除も可能です。


最後に、ニュージーランドへ来た後にのSimカードを入れた後の設定は、自分で行う必要があります。アクセスポイント等の設定で、パソコンのPOP3やSMTPの設定に似ています。パソコンや携帯に慣れた人であれば、それほど難しいことではありません。スペックの詳細は、下記のサイトに記されていますので参考にして下さい。


ニュージーランドVodafoneのサイト(英語)


ここに書かれているWAP settings via GPRSがそれで、また写メールの設定はMMS (PXT) settingsの方です。

スポンサードリンク

2006年9月7日追記


先月末に大手Simロック解除業者が著作権侵害で摘発を受けたようです。現状ではSimロック解除自体全て違法なのか、あるいは解除の方法によって違法性が問われるのかという部分がまだはっきりしません。一応この記事は削除せず残すことにしますが、実際にSimロック解除をされる場合は最新の情報に注意を払い、自己責任にて行動して下さい。


さらに追記:

結局摘発を受けた上記業者はsim解除の違法性は立件とならず、釈放されました。解除方法によっては違法性が問われることもあるようですが、いずれにせよ引き続き自己リスクで行動してください。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : ニュージーランド パソコン ワーキングホリデー 永住 携帯 旅行 留学 生活 航空 ドル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク