空を見上げた


夜の9時半。子供を寝かしつけていたら、電話がなった。だれだろ?


「はろ~?」

「ちわっす。」


釣りの「師匠」、Tさんからだ。


「あ、師匠、どーもです。どうしたんですか?」

「いやーJさん、月見ました?」


あっ、そうか、思い出した。今日は6年ぶりの皆既月食の日。夕方から雨だったので、ほとんど忘れていた。  


「でも夕方から雨だったでしょ?」

「それが今、見てみて下さいよ。いい感じっすよ。」  


弾んだ声に窓辺から空を見ると、おおっー、きれいに見えるでないの!

早速子供たちをたたき起こした。「月が赤いね」・・・あまり子供たちは関心がないようだ。というより眠いらしい。

子供が寝た後、一人でゆっくりと観察していた。日本では北のほうを除いてあまりお天気はよくなかったようだが、オークランドではしっかり観察できた。でも確かに「赤い月」はちょっと不気味かな。その昔、月食・日食は悪いことが起こる前兆だったというのはよくわかる。


翌日、師匠は写真まで送ってくれた。




 
おおっ、釣りだけでなく
写真の方もいけてますよ、師匠!




ちょっと寒いけど、たまにはのんびり天体観測も面白い。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク