電子レンジって、故障するもの?

 

会社を終えて家に帰ると、カミさんが「電子レンジ、こわれたよ」とぼやいていた。

 

その電子レンジはNZへ来たばかりのときに購入したもので、Panasonic製だ。電子レンジは使用頻度も高いし長く使いたかったので、日本ブランドを信頼して買ったものだった。購入から5年半。そもそも電子レンジって、そんなに壊れるもんじゃないと思うんだけど・・・日本ブランドでも駄目なのかな。

 

ところでその壊れ方というのが大変ユニーク。調理スタートボタンを押してから、きっちり23秒で停止して電源が落ちてしまう。タイマーを何分にセットしても、必ず23秒後に止まってしまうのだ。この几帳面な壊れ方に、変に日本ブランドの片鱗を感じてしまった。(って壊れるなよ、Panasonic!)

 

おまけにどうやら左半分からはマイクロ波がでていないようで、23秒では何も暖かくならないとの事。せめて1分23秒まで動いてくれれば、とりあえず何か少しは暖めることができたのに・・・。

 

修理するより買った方が安いんじゃないの?とも思ったが一応サービスセンターをネットで調べてみた。すると指定修理業者みたいなものがあって、たまたま自宅から車で10分もかからないところにあることを発見した。当然保証期間なんてものはとっくに過ぎているので、修理は実費だ。

 

翌朝カミさんが電話したところ、修理する・しないに関わらず初見代として28ドルかかるとの事。28ドル払って中を開けて状態を確認し、それから見積もりを出すというシステムらしい。Free Quoteじゃないんだ・・・。でもまあ家から近い距離なので、とりあえずそのまま持っていって28ドル払って見積もりを待つことにした。

 

翌朝電話がかかってきた。話によれば中の基盤がいかれていて、その部分のパーツを丸ごと交換する必要があるらしい。




修理代見積りは、








182ドル也・・・。

 

 

 



・・・・・






 うーん・・・





 

ちょっと高くね?

 

 

 

 

それだけ出せば、安い電子レンジなら余裕で新品が買える。修理を諦めてカミサンは壊れたままの電子レンジを引き取りに行った。

 

 

そんなわけで、現在我が家には電子レンジがない。主婦の方はおわかりだと思うが、現代の台所では電子レンジは一番使用頻度の高い調理器具ではないだろうか。これが無いというのは、冷えたご飯やら冷凍食品の解凍もままならない。想像以上に不便である。

 

遅くとも週末までには購入しないと・・・。でもまた出費かぁ。痛いな。

 

 

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク