パソコンと携帯をどうする?(前編)

情報通信のこの時代、パソコンと携帯電話と無縁という人は皆無に近いでしょう。私自身、仕事とプライベートで平日は一日10時間近くパソコンをさわっている「中毒患者」です(^^。こちらへ来るときに自分のラップトップPCを持ってこようかどうか、迷っている人も多いかと思います。こちらの回線事情等を含めて、お話しします。

ニュージーランドでは最近ようやくADSL普及の兆しが見えてきました。とはいっても普及率はまだまだで価格も高く、一般家庭の契約では最高速度は3.5M、また月間ダウンロードの重量制限付きです(契約によって1Gbから10Gb)。自分で部屋を契約して借りる方ならまだしも、ホームステイ・フラットでADSLを使ってスカイプの利用を・・・と考えているのであれば、なかなか受け入れてくれるところを見つけるのは難しいと思います。電話回線で56Kで、ということなら自分の部屋に回線があるところであればいいのですが、その場合でもホストが回線を使用したいときに邪魔にならないよう、配慮が必要なケースも多いようです。(なので自分のパソコンを使ってネットを繋ぐときは、ホストファミリーが寝静まった深夜になってしまう、という話を良く聞きます。)幸いたいていの場合市内通話は無料ですので、電話料金を気にする必要はありませんが、ネット接続にはホストファミリーとの制限が多いことを知っておく必要があるでしょう。

ただパソコンはネットだけでなく、DVDを見たりゲームをしたり、エンターテイメントとしての側面もありますので、人によっては持ってくる価値が大きいかもしれません。

パソコンへの生活依存度合い(笑)にもよりますが、私は思い切って日本へ置いていっても良いと思います。たいていの語学学校では無料で利用可能のPCがありますし、またネットカフェもいたる所にあります。またsim解除した携帯をもちこんで、日本語環境のインターネットメールを携帯でやりとりする、という事も可能です。この辺については、後編で書くことにしましょう。

スポンサードリンク

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : ニュージーランド パソコン ワーキングホリデー 永住 携帯 旅行 留学 生活 航空 ドル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク