Freetel Priori 3S LTE を海外で使用してみた。(ニュージーランド)


日本で購入したFreetelの携帯 Priori 3S LTEに、ニュージーランドの2degreesのSIMカードを挿して使用してみました。




APN等の設定をする必要があると思っていたら、SIMカードを挿すと「2degree用に設定しますか?」という感じの英語のメッセージが出てくるので、OKをタップするとそれで設定は終了。実に簡単。




ただしSIMはnano SIMにしないと、SDカードが使えなくなるので注意が必要。

使用感としては、メモリーが2GなのでQuad CoreのCPUでも十分サクサク動いてくれる。評判どおり、バッテリーの持ちは秀逸。夜遅くまで弄り倒してもバッテリーアラートは出てこない。これは嬉しい。その半面、重量がちょっと重い。まあこれはトレードオフだから仕方ない。

それから余分なブロートウェアが殆ど入っていないのがとても助かる。2つほど使わないアプリがあったけど、簡単にアンインストールできた。少し前に使っていたLenovo Note K3 (中国から輸入)は、このブロートウェアがてんこ盛りで、しかもアンインストールできない(Root化すればできるけど)。しかも全画面広告とか出てくるアプリも入っていて、本当にひどかった。

あとマイナス点として、電波の掴みがやや弱いかな、という気がする。都心部はいいけど、郊外に行ったときにどうなのかはちょっと疑問。それと通知用LEDがないのが少し困る。ミーティング等で席をはずしたときにメールが来て、戻ってきてもLEDライトが点滅して着信を知らせてくれない。いちいち電源ボタンを押して確認しないといけない。まあ気にしない人は関係ないかもしれないけど。

でもそういったマイナス面を加味しても、この価格ならお勧めのスマホです。SIMを交換するだけで、日本でもニュージーランドでも使えます。検討中の方、一考の価値ありです。

ニュージーランドでお勧めのAndroidスマホ(2015年2月)

最近のAndroidのスマホはQuad Coreから徐々にOcta Coreが主流になりつつあります。そんな中、値段が手ごろなOcta Core Androidがこれ。

Vodafone Smart Ultra 6 (5.5インチ)



今最安値がNZ$220ぐらい。
http://pricespy.co.nz/product.php?p=3216215


実はこれ、Vodafone NZのSim Lockがかかっています。でも下のサイトから$NZ30-支払って、Simフリーにすることが可能。

Unlock your Vodafone New Zealand mobile
http://www.vodafone.co.nz/shop/checkout/handset-unlocking


おそらくこれを日本へ持っていって格安シムでも差せば、日本でも使えると思われます。ただプロバイダーによって、または場所によって電波の掴みが悪かったり、あるいは3Gは行けるけど4Gはダメだとか、そんなことも起こりえるかと...。APNの設定等も自分でやらないといけないし...どなたか人柱になって下さい(笑)。

ただサクサク速いので、小型のWifi専用タブレットとして使っても十分面白いと思います。一考の価値ありのスマホです。

海外でも日本の音楽聞き放題!Amazon Prime Music

日本のアマゾンプライムの会員であれば、アマゾンミュージックのアプリをダウンロードして、100万曲以上の音楽を無料で楽しむことができます。たしかに若干古かったり最新の楽曲は有料だったりしますが、無料ということを考えると十分楽しめることができます。しかもスマホであればストリーミングだけではなく、ローカルにファイルをダウンロードできるのでオフラインでも楽しめるという、とても太っ腹なサービスです。

Amazon Prime Music
htttp://www.amazon.co.jp/primemusic


Android用"Amazon Music with Prime Music" アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.mp3&hl=ja

このアプリ、私も何度かインストールをトライしてみて分かったのですが、スマホの言語設定が「日本語」であることを確認してください。英語のままですと、インストールしてもアメリカ版のアマゾンミュージックに繋がってしまいます。設定メニューに「日本語」がない場合は、「Locale2」等のアプリで言語設定を日本語に変えておく必要があります。

アマゾンプライム会員の方は、是非試してみてください。










海外から日本のAmazonでKindle用電子書籍が購入できないときは、ここをチェック

海外から日本のアマゾンでKindle用電子書籍を購入しようとすると、エラーメッセージが出てきて購入できないケースがあります。その場合、以下の2点をチェックしてください。購入できるようになると思います。
(注:くれぐれも自己責任でお願いします。)


「コンテンツと端末の管理」の居住国設定を「日本」であることを確認する。

1.Amazon.co.jpでログインした状態で、「アカウントサービス」→「コンテンツと端末の管理」へ進む。

2.設定のタブをクリックして、居住国設定が日本であることを確認する。


次に

VPN Gate Client で日本のVPNサーバーに繋ぐ

1.海外から日本の動画サイト等を見るための必須フリーソフト「VPN Gate Client」をインストールする。

2.AmazonのKindle電子書籍を購入直前の画面で待機しておく。

3.VPN Gate Clientで日本のVPNサーバーに接続する。

4.購入アイコンをクリックする。


以上で購入が可能です。


海外からGoogle Playで日本のアプリがインストールできないときは、ここをチェック。


2-3か月前の話ですが、日本へ一時帰国する直前に「メルカリ」のアプリをインストールしようとしたところ、Google Playに表示されませんでした。「あれ、IPを読んでいるのかな」とも思ったのですが、いろいろと調べてみると、Google ウォレットの設定を変更する必要がありました(無料ソフトであるにもかかわらずです)。もし同じような症状の方がいましたら、以下の点をチェックしてみて下さい。

1.グーグルウォレットにログインする。
https://wallet.google.com

2.右上の「歯車のアイコン」をクリックして、設定のメニューに進む。

3.自宅の住所がおそらく日本の住所になっていないので、「編集」アイコンをクリックして日本の住所に変更する。

これだけで、解決すると思います。もし解決できないようであれば、「VPN Gate Client」も併用してトライしてみて下さい(汗)。

海外から通常見られない、日本のAmazon VideoやGyaoを視聴する方法

通販事業最大手のAmazonですが、私自身かなりのアマゾンフリークで、年間手数料を支払って日本のアマゾンプライム会員になっています。当然一時帰国したときなどは沢山注文して、山のようにダンボールが届くことになります(笑)。それ以外にもアメリカのアマゾン、イギリスのアマゾンからも買い物をすることもあります。



そんなアマゾンプライム会員ですが、プライムビデオやPrime Musicという無料で動画や音楽が見放題・聞き放題というサービスがあります。若干古いものが多かったり、人気のあるものは有料だったりしますが、それでも海外で生活しているものとしては十分楽しめるレベルです。



ところがそのプライムビデオを普通を視聴しようとすると、次のようなメッセージが出てきます。






これは再生の際IPアドレスを読むので、海外からの接続は弾かれてしまうためです。

同じようにGyao等、日本の動画配信サイトは見られないものが多いです。



ではそれらを視聴する方法をご紹介しましょう。(注)いかなる不都合・不具合も、自己責任でお願いします。)


1.海外から日本の動画サイト等を見るための必須フリーソフト「VPN Gate Client」をインストールする。

2.アマゾンビデオ、Gyaoの動画を、再生直前で待機しておく。

3.VPN Gate Clientで日本のVPNサーバーに接続する。

4.動画の再生を開始する。

5.動画が始まったら、VPNサーバーから切断し、ダイレクト接続に切り替える。


上記5番の作業ですが、IPアドレスのチェックは動画開始時だけのようです。そのままVPNサーバーに繋いだままでも視聴は可能ですが、VPNサーバーは回線が不安定な場合があること、またセキュリティーの面でも、いったん動画がスタートした段階でVPNサーバーから切断することをお勧めします。


海外から日本の動画サイト等を見るための必須フリーソフト「VPN Gate Client」

よく海外からgyao等の日本の動画サイト見ようとすると、「お住いの地域からは視聴できません」というメッセージが出てきます。これは接続しようとしている端末のIPを読み取って、著作権の問題から海外からのアクセスを弾いているためです。

そういったとき、私は「VPN Gate Client」というフリーソフトをたまに利用しています。これは筑波大学のプロジェクトチームが主導で開発したソフトですが、これを使えば世界各地のボランティアサーバーを経由して目的のサイトに繋ぐことができます。

注)法的な面・セキュリティー面等については、全て自己責任でお願いします。


1.VPN Gate Clientのダウンロードとインストール

①ダウンロード
http://www.vpngate.net/ja/download.aspx

ここから

②インストール



インストールの最後に下記のウインドウが出てきますが、自分がサーバーとして協力しないのであればキャンセルをクリックするか、ティックを外してOKをクリック。


続きを読む

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

tag : 海外

AcerのノートPCのLCDモニターを自分で交換してみる。



愛用の自宅のノートPCのモニターに、変な縦線が走るようになった。


いやだな・・・(Acer Aspire E1-522)

修理したらいくらかかるんだろ…ネットで調べたオークランドのショップに聞いてみると、税込みでNZ$186-との回答(NZ$1 = 78円)。いやー、結構高いじゃん。


自分でパネルを取り寄せて、交換できないかなぁ…困ったときのebayで調べてみると、

送料込みでNZ$75.52。安いじゃん。


あとは自分で交換できるかどうか…下手に壊れても困るしなぁ、と考えていたら、なんと全く同じ機種のLCD交換の動画を発見!



なんか簡単そうじゃん!ということで、早速ebayで購入。アメリカから10日くらいで届いた。





では早速修理。

続きを読む

オークランドの不動産は世界で5番目に割高だ、という話。


 
先日Demographia社の不動産調査の結果が発表された。この調査は「不動産価格の中央値が、世帯年収の何倍か」に焦点を当てた調査で、オークランドが「やっぱりね」という順位になった。以下がそのワースト10。


出展:12th Annual Demographia International Housing Affordability Survey: 2016


上から香港の19倍というのは別格だから放っておくとして、以下シドニー、バンクーバー、メルボルンと人気都市が続き、オークランドが堂々の第5位。シリコンバレーのサンノゼより上位というのは、ちょっと常軌を逸している。

体感的にもここ数年のオークランドの不動産価格上昇は異常。その顕著さを示すのが次のグラフ。

 
(出展:nzherald.co.nz )

続きを読む

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ニュージーランドでアキレス腱を断裂すると、こうなります。

しかしまあ、なんで久しぶりの更新がこんな話題になるのか情けない。とはいえ、まあ話の種には面白いかと思います。

2015年10月6日、バスケットボールをしていました。それこそ数十年ぶりに。実は前からやりたい、やりたいと思っていて、なかなか機会がなかったのですが、なんとか若い人たちに無理言って相手をしてもらうことになりました。体育館まで有料で借りて。

ウォーミングアップも十分。2on2から始めました。が…開始15分。ディフェンスをしていて、相手についていこうとして、グッと踏ん張ったところ、「バンッ」って音が聞こえました。最初足にボールがあたったと思って回りを見回したんだけど、ボールは見当たらず。で、その後立ち上がることができませんでした。

実はそれほど痛みは感じなかったんだけど、翌日病院へ行くと「あー、完全に切れてるね、アキレス腱」だって。

何にびっくりしたかって、「簡単に切れた」という事実。自分ではそれほどハードな動きとかした覚えはないんだけど。やはりパーツが劣化・老化していたということみたい。

病院で速攻でギブス。その後の治療は以下のとおり。

最初の2週間 - ギブスで固定。シャワーは足をごみ袋に突っ込んで輪ゴムでとめて。数日すると足がかゆくて仕方がないので、定規を突っ込んで掻いていた(お約束)。歩くのには松葉杖で、足を下につけるのは禁止。

次の6週間 - 特殊なブーツを履いて固定。このブーツ、通称Moonboot。正式名は知らない。足首のところで角度を変えることができる。この角度、30度で2週間(松葉杖)、20度で2週間(松葉杖だけど、下に足をつけても良し)、10度で2週間(松葉杖なし)、合計6週間。足が洗えるというのが助かった。

続きを読む

プロフィール

jayjays

Author:jayjays
日本で長いこと銀行員やってました。退職して気がつけばオークランド15年目、現地IT企業で働く「脱力系」サラリーマンです。最近の趣味はKindleを使い倒すことと、ジム通い。ご質問・コメントお気軽にどうぞ。

カテゴリ
Twitterにて、つぶやき中。
下のアイコンから、ご自由にフォロー願います。
最近のコメント
RSSフィード
リンク